権利法NEWS

事務局長 小林洋二

 6月7日の朝刊は、政府が、保険診療と保険外の自由診療を併用する「混合診療」を拡大し、患者の希望を重視して混合診療を認める新たな仕組みをつくることを決めたと報じられています。

 日本の医療制度の下では、公的医療保険の適用が認められる診療(保険診療)と、認められない診療(保険外診療)が分けられています。その保険診療と保険外診療を併用することを、「混合診療」といいます。

 この「混合診療」が行われた場合、原則として、その保険外診療部分のみならず、保険診療部分も含めて、保険給付を行うことができないというのが健在の健康保険法の解釈です。これを「混合診療保険給付外の原則」あるいは端的に「混合診療の禁止」といいます。全体が保険給付外ということは、基本的には全て患者の自己負担ということになります。

 

姜信子編 みすず書房

 2005年に設立され、毎年らい予防法違憲国賠訴訟熊本判決期日である5月11日に近い週末に開催されている「ハンセン病市民学会」。今年は記念すべき第10回総会が5月10日、11日の両日、群馬県草津市の国立ハンセン病療養所栗生楽泉園を舞台に開催されました。

 前夜祭に向けて九日夕方に現地に入って間もなく、全療協(全国ハンセン病療養所入所者協議会)会長の神美知宏さんの突然なる客死を知らされ、茫然とたたずみました。この三月に80歳の誕生日を祝ったばかり、その際、いのちをかけて闘うと高らか誓ったその誇らかな姿が目に焼き付いていただけに、ただただ天を仰ぎました。

 その二日後のまさに判決記念日である5月11日未明、かねて肺癌を病んでおられた谺雄二さんの訃報が市民学会参加者にもたらされました。今回の市民学会の全体統一テーマである「命の証を見極める」は、谺さんの発案によるものでした。

事務局長 小林洋二

【世話人会の報告】

 4月12日13時から、東京の明治大学駿河台キャンパス研究棟会議室で、今年度第二回の世話人会が開催されました。参加者は漆畑眞人・小沢木理・木下正一郎・久保井摂・小林洋二・鈴木利廣・高岡香・高梨滋雄・堤寛・中村道子(五十音順・敬称略)の各世話人。また公益社団法人日本医療社会福祉協会の役員の方々がオブザーバーとして参加されました。

医療基本法要綱案市民向けパンフレットについて

 小林のレジュメと、小沢世話人のイメージをもとに意見交換を行いました。

 医療基本法が、個別の問題を解決する法律ではなく、医療政策の基本原則を定める法律であることから、市民の方々にアピールすることはなかなか容易ではありませんが、「医療基本法とは?」「なぜいま医療基本法が必要なの?」「医療をめぐる問題とは?」「医療基本法ってどんな法律?」といった項目の分かりやすい説明に続いて、以下のようなセールスポイントを強調することになりました。

最相葉月著・新潮社

1800円

 「絶対音感」「青いバラ」等、丹念な取材に基づくノンフィクション作家として知られる著者による最新作です。心の病に苦しむ人と接することの多い中、アメリカ文学には当たり前のように登場するセラピストとの関係を築きにくく、その技量を知る基準もないことに疑問を持っていたことから、何らかのヒントを得られるのではないかと手にしました。

 一言で言えば、河合隼雄と中井久夫というこの国の心理療法を考える上で絶対に欠かすことのできない巨匠を取材し、自らも心理分析を受け、またトレーニングを受ける中で、苦しみながらも実によく書かれた過去から現在、そして将来を見据えたセラピストのあり方について書かれた本となるでしょうか。

事務局長 小林洋二

 2月12日に「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案」が閣議決定され、国会に上程されました。これはそのような名前の単独の法律ではなく、医療法、介護保険法をはじめとするいくつかの医療関連法規の改正案をまとめたものです。懸案の、医療事故調査制度も、医療法改正案に含まれています。

 今回の改正の基本的な方針となる「医療事故に係る調査の仕組みに関する基本的なあり方」については、けんりほうニュース230号「医療事故調査制度の行方」を、そこに至る議論の流れについては同231号「医療事故調査制度の議論を振り返る」をご参照下さい。また、「あり方」に沿った医療法改正案の国会上程に対し、自民党の厚生労働関係部会でいったん待ったがかかり、医療事故調推進フォーラムとして緊急に「医療事故調査制度創設のための医療法改正を求める要請書」を提出した経過は235号のとおりです。

 では事故調査制度に関する改正部分をみてみましょう。

1  2  3  4  5  6